てげきち〜!

ココ最近色んな意味でてげきち〜(とても大変という意味)ですが、
どんな状況でも皆様へ笑顔を届ける県公式ゆるキャラ「みやざき犬」は最高です。
3匹いつでも笑顔で楽しそう。
 
でももしかして、一匹でいる時は「てげきち〜ですわ…」って言ってるかもしれません。
そんな想像をデザインに落とし込んだアートンプロデュース「てげきTee」がみやざき物産館で販売中です。
2013年より販売しておりますが、着ている方に地元で出会った事はありませんってなくらい知られていない幻の1品、いや幻ですか?
それと誰でもみやざき犬になれる被り物「みやざき人」も、みやざき物産館だけでしか被れないグッズです。
 
この「てげきTee」シャツを着て、みやざき犬被り物「みやざき人」を被ればもう無敵です!
今日も元気出して楽しみましょう。
 
 
5.6ozの堅牢なTシャツ、ショップでも販売中。
 
被るとこんな感じ

口笛拭きながら。

音楽はセルフ拍手に口笛、道端や歩きながら1人ででも出来ます。
気分爽快、ストリートダンス!
 
 

裏題「OYAKOKOTEN(親孝行展)」

アートスペース色空にて元アートン講師「RUI」ファミリーの個展「OYAKOTEN」が開催中。
親子でコラボできるって最高じゃないですか!
羨ましい限りです。
 
家族3人の個々が際立ち唯一無二ですが、どの作品にも深い優しさを感じます。
ゆっくりした時間が流れていて心が落ち着きます。
本日の宮日新聞でも紹介されている「OYAKOTEN(親子展)」は今度の日曜日まで!
うがい手洗い咳エチケットの上、どうぞ生でご覧下さい。
詳細はコチラ
 
 

 

 

みやざきの宝。

皆ちっちゃな時から一緒です。
踊り続けてくれてありがとう!!
これからもよろしく。
 
 

Filmed by FUKU-chan

D.I.Y

入口前タイルを修繕しました。
寝マンゴローの絵付けタイルです。
大切に踏んで下さい。
 
 

 

アートンの非公認ゆるキャラ「マンゴロー」とは… コチラ!

マンゴローに会いたいな。

今から約6年前 …
ゆるキャラブームに乗っかり、
アートンのゆるキャラ「マンゴロー」が誕生しました。
みやざきを代表するマンゴーフルーツのキャラクターです。
初めの名前はランニングマンゴーでしたが、
長過ぎて誰も覚えてくれなかったので現在の名前に改名しました。
 
特技はもちろん踊る事、得意なステップはランニングマンとクラブです。
弱点は雨に弱い(ダンボール製)。
目標は宮崎県の公認ゆるキャラになる事です。
 
キモいですが、結構人気があります。
今では知る人ぞ知る、みやざきの裏キャラとしてユル〜く活動しています。
久しぶり「あおしま海幸山幸冬まつり」で生足を披露しますか!
 
現在のマンゴロー写真はコチラ
 
 
生まれる過程のマンゴロー / Designed by RUI

BUCKTOWN × アートン(年末限定グッズ)

毎年恒例の年末レッスンを告知致します。
 
アートンソウルファクトリー新旧講師陣が毎年末2日間に渡って開催する「年末特別レッスン2019」
もちろん今年も行ないます。
どちらか1日(5レッスン)全て受講しますと、
あ、あの!
みやざきのニューヨーク「BUCKTOWN」製の、ARTN刺繍を施したトラベルポーチを贈呈。
オーナー自身もブロンクスに数年間住み、アートンと同じ空気感漂うドープなインポートショップです。
こんなレアな品をダンスレッスンを受講するだけでもれなく貰えるな・ん・て!
見た目だけでなく、ポーチのサイズ感がバッチリでとても使いやすいんです。
※ 写真以外の型番、刺繍カラーも有り
 
また、2日間(10レッスン)受講の皆様には更に、
アートン講師にしてDJのエトゥが制作したドライブや気分を上げたい時にピッタリな「DJ ETOO 2019 Mix CD」もプレゼント!
これを聞けば身体が自然と動き出す〜んです。
 
〜 10レッスンなんて無理と思っている皆様 〜
以外と踊れるんです。
そして達成感がハンパない… 2019年を最高の形で締めくくれるツゥエゲナラハッピーな2日間です。
ビジター(当スタジオ会員以外の皆様)も同額で受講出来ますので、12月29日(日)30月(月)はアートンの年末特別レッスンへどうぞお越し下さい。
 
 

 
こんな感じに仕上がっています。
 
奥がBUCKTOWNのオーナー
 
蜂楽饅頭の奥2Fがショップ
 
アートン忘年会の大抽選会商品も「BUCKTOWN」より特別にご提供頂きました!
めちゃキュートなグッズです、お楽しみに。

県海外留学賞歴代受賞者展

県立美術館にて「県海外留学賞歴代受賞者展」が開催中です。
第一回受賞者「河野富夫」氏は、アートン第8回発表会Tシャツのデザインもご担当頂きました。
スタジオ入口向かいの絵がそれです。
よく見るとや躍動感溢れるダンサー達がちりばめられています。
 
美術館に展示中の作品やコメントからは、作者の当時や現在の思いがすごく伝わってきます。
共感し学び追求する思いはジャンル違えど同じです。
来週16日(土)18:00までの展示ですのでパワフルな作品群を是非ご覧になって下さい。
 
そして、青空の下でも見てみたい…
1階奥に常設展示してある青木野枝さんの作品も是非どうぞ。
 
 

 
河野富夫氏「ラプソディ・イン南郷」

HPフォトダイアリー更新

ホームページトップのフォトダイアリーを変更しました。
躍動感溢れるセンスある写真はアートン2代目ポッピング講師「RUI」が撮影したものです。
ゆっくりご覧になりたい方は、トップページ下部「photo gallery」内の「DANCE FREAKS 1」よりどうぞ。
 
 
ダイナマイト フラ〜ィナ〜ゥ(発表会でのラップシーン)